電子化!!

 おかげさまでとうとう拙著にも時代の波がかぶさり、かなり以前に青弓社さんから出しましたものが何点か電子書籍になりました。各サイトから購入可能なようなので、「虎井まさ衛 電子書籍」でご検索くださいお求めいただけますと大変嬉しいですっ。よろしくお願いいたします。  ちなみに全くスピリチュアルな内容ではありません。こういうものを十年近く書い…

続きを読むread more

本文の前に&お知らせ!!

大切な友人のkenzさんからのお知らせです!↓どうかお立ち寄りください。      http://sunkenz.blog.fc2.com/blog-entry-98.html ★いつも北海道リーディングの会に関して、ひとかたならぬお世話になっております工藤さんが、このブログを一冊の本の形にまとめてくださいました。…

続きを読むread more

はしがき

   はじめに  自分が、もうすでに幸せであることに気づいていない人が多すぎるように思えます。  特にこのところ巷には「幸せになれる本」といったものが溢れていますが、ほとんど同じことを、ちょっとだけ違った言い回しで書いてあるものです。この本の前半も、そして「あとがきにかえて」も、ややそれに近くなるかもしれません(違うとしたら、作者つ…

続きを読むread more

Ⅰ   幸せになるその方法

Ⅰ   幸せに輝いた数日  ひとケタの年のある日に、父と近くのお寺の縁日にお参りに行きました。父はとてもおっかない人で、普通の父親だったら絶対に怒らないような小さなことで、道中必ず何か雷を落とすため、どこかへ「一緒に行こう」と誘われるとゾ~ッしたものでしたが行かないと言っても怒られるので、仕方なくいつも、悲壮な決意と共に付いていったの…

続きを読むread more

幸せになるその方法2

 おお、病院裏の空き地で魔方陣を地面に描き、ひざまずいてブツブツと呪文を唱える小学五年生の不気味さよ! ただしそこは十歳のこととて、真夜中にやるべきことなのに夜はこわいため、まだ日が落ちない明るい夕方にやってしまっていました。もちろん悪魔を呼び出すのに色々と用意しなければならない物、たとえば黒いメンドリだの死刑囚の手首の塩漬けなどもなか…

続きを読むread more

幸せになるその方法3

 心と身体の性別が不一致である苦しみ、あるいは性同一性障害全般については、私も十冊以上書きましたので、詳しくはそちらをどうぞ。私としてはこれ以外の人生を知らないので、生まれつき心身の性が一致している人の暮らしは想像しかできないのですが、多くの人々は私たちの生活については、想像すらできないのではないかと思われます。  家族、友人、職場の…

続きを読むread more

幸せになるその方法4

 この時のこの心境に再び至りたいために、今私は努力しているような気もします。今も私は友人知己のために祈ります。世界中の人々のためにすら祈ります。しかし正直なところ、「そうするべきだ」と思ってそうしている、というのが本音です、それでもしないよりはマシでしょうけれど。けれどもこの手術直後とそれに続く数日の間は、心の底から感謝と祈りが湧きあが…

続きを読むread more

幸せになるその方法5

内なる神へ向かって  とは言えこのような考えは、術後の生活が落ち着いてかなり経ってからハッキリ意識したもので、それまではそれどころではありませんでした。日記を読み返さない限り、何をしていたかどんな気持ちでいたかまったく思い出せないほど、長いこと無我夢中でした。  術後十年近く経って借金もかなり減り、著書も数冊出して行く道も何となく見…

続きを読むread more

幸せになるその方法6

ゆるぎない法則 大いなる愛 「神様」などと書くとどうしても「なんだかなァ」と思う人が少なくないように危惧されますけれども、高齢の白ヒゲの男性で(しかも西洋人で)玉座におさまっている、という想像は捨ててください。前述したごとく、人種も性別も形状もなく、しかも全てになり得る(この世の全ての人種、全ての性別<二つ以上あると思ってください>、…

続きを読むread more

幸せになるその方法7

 瞑想を習慣にしている方は増えていると思います。これからはそのような目覚めた人が多くなっていくことでしょう。しかし私はダメでした。病母と暮らしているので、家の中で長く一人きりになることが難しい、ということがあります。特に夜などは、いつ「具合が悪い」と言ってくるかと思うと落ち着きません。  母をケアホームに一時預かってもらって講演旅行に…

続きを読むread more

幸せになるその方法8

「でも私はどう考えても、今まで何もそんなに夢中になったことないよ。ドラッグやセックスは別だけど」と言う人もいるかもしれません。けれども「やっただけのことが返ってくる」のですから、そういった刹那的な没我には刹那的な幸せ、たいていはそれをしている間だけの快楽しか返ってこないものです。 「でもさー、仕事はかったるいし、本なんてつまんないしー…

続きを読むread more

幸せになるその方法9

特に叶えたい望みがある場合  もし私が子どもの頃からこのようなテクニックを知っていれば、虚弱児童のための海辺にある学校にもう少しで行かされそうだったほど病気ばかりしていた時も、ひどいいじめられっ子だった時も、男の身体をしていないことが信じられなくておかしくなってしまいそうだった長い年月も、きっとずっと心穏やかに過ごしていたでしょう。 …

続きを読むread more

幸せになるその方法10

守護霊様の大いなる協力  ここを書いている数ヶ月前に、京都で行われたあるシンポジウムに出席した時のことです(実際にはこの本は、2005年から三年がかりで書いたものなので、ここに記述のあるシンポジウムも、08年現在からみると数年前のことになりますが)。シンポジウム自体の前宣伝は各所で長いこと行っていたので、話し手の中に私がいると知った、…

続きを読むread more

幸せになるその方法11

 ――ここで少し、私自身の守護霊様についてお話させてください。私は一九八八年に、初めて本当の霊視を受けました。今はもう霊能者としては引退しているその人は、一般家庭の主婦で、瞳の色が少し薄い以外は、優しそうな普通のお姉さんでした。  彼女は私の守護霊様は、「十七歳で修行中に餓死した真言密教のお坊さん」だと言いました。「虎井さん自身、お寺…

続きを読むread more

Ⅱ   神道1

Ⅱ    神道  1    ありがたいことに全国から講演のご依頼を受けて、男女共同参画月間や人権週間などは特に忙しく、旅から旅への日々になることがあるのですが、わりと多く行くのが九州と関西です。関西でも、なぜか奈良が多いのです。  ただ悪いことに私はとても方向音痴なうえにボーッとしているので、どこに行っても道に迷ったり電車を載り間違…

続きを読むread more

神道2

  けれども神代の昔から、というのは当っていました。垂仁天皇は『日本書紀』中の人物だからです。そう思ってみたりすると、また古代の日本人が見たものとあまり変わらぬ風景を見ているのだと考えたりすると、やはりなんとなく並々ならぬ土地の気のようなものが感じられもしたのでした。 さて、前章の終わりに「私になじみ深い」と書きましたけれど、「神道」…

続きを読むread more

神道3

日本人の根源  冒頭に天皇陵のことを書きましたが、土地の気、そして古代の日本の風景に心打たれたという以上のことを書いたわけではありません。神道と言いますと、「天皇が天照大神の子孫で、万世一系でどうのこうのというアレだろ」と苦々しい思いを抱く人も少なくないのかもしれませんが、それは国家神道というもので、あとから付いた道の一つなのです。も…

続きを読むread more

神道4

八百万の神々 「そもそも遠い昔のこと、造化の気がしだいに凝りかたまっても、いまだに外に現れて来るにはいたらず、したがって名前もなければ、動きもない、誰もその形を知らないというそもそもの宇宙の初めに、天と地が分かれ・・・・神々が国を生み、島を生み、また神を生み、人を生んだ」  これは神道の根本教典とも言える『古事記』の序文の一部です(…

続きを読むread more

神道5

仏様は神様です  性同一性障害を抱える人々の運動のしかたを考えても、アメリカでやってうまくいった方法が、そのまま日本でうまくいくとは限りません。どんなことであれ、それは同じだと思いますが。  たとえばアメリカで男から女になることを考えた場合、特に白色人種に顕著ですが、デカくて毛深くてゴツい女性になりがちで、見た目で分かってしまうこと…

続きを読むread more

神道6

人も神となる  もっと柔らかいアプローチもあります。三十年以上もかけて『古事記』の注釈書である『古事記伝』を完成させた、江戸時代の国学者本居宣長のその『古事記伝』第三巻には、「さておよそ迦微(神のこと。この文の中で使われている「神」は、偏在する気や霊というのもの中でも神格をもって表される、いわゆる神様のことで、ここで全体に説明される「…

続きを読むread more

仏教1

 仏教については神道やキリスト教よりずっとずっと長くなってしまうだろうから、不公平に思われやしないかと懸念していましたが、書いてみましたら特に長くもならなかったので安心しました。なぜ長くなると思ったかというと、一国の民族宗教と言ってよい神道や、全世界に信者はいて様々な宗派はあるけれども、根本教典が旧約新約の聖書に絞られるキリスト教と違っ…

続きを読むread more

仏教2

空  釈尊やイエス様は、おとなしく物静かで決して激情にかられないイメージが強いですが、実はお二人とも各々が出現した当時の堕落した社会を改革すべく果敢に挑戦した、内面の熱い人々だったということです。  釈尊は当時の、全ては一つと言われながらも公然たる差別がまかり通る状況を打破すべく、「我なんてものはないんだ! 永遠なるものなんてないん…

続きを読むread more

仏教3

今ここに心を静める  ここを書いていて思い出すことがあります。まだ私がひとケタの年の頃、デパートのおもちゃ売り場で、一つのおもちゃ――というにはあまりにも面白みのない、ある物に魅せられてしまったことがありました。小さな水槽の中で丸い透明な玉が幾つか浮いたり沈んだりしているだけのもので、なぜそんな物に夢中になったのかわかりません。確か母…

続きを読むread more

仏教4

自他不二  心を静めると、少なくともその間だけは自我や思いが消え、自我や思いがなくなったところに内から湧き上がる仏性が充満します。すると突然、内なる仏性と、外界を満たしている仏性が溶け合って、自分と外界が別のものである、という感覚が脱落してくる瞬間があります。  自分と大自然は一つ、大宇宙は一つ。宇宙の中に自分があり、自分の中に…

続きを読むread more

仏教5

菩薩行  先ほど「如来と仏陀は同じもの」と書きましたが、では「菩薩と如来」はどう違うのでしょうか。観世音菩薩や阿弥陀如来という名称などありますが、菩薩というのは仏陀(目覚めた人)ではないのでしょうか。  菩薩(菩提薩タ★)は、元来は悟る前の仏陀、つまりシッダールタを指していましたが、大乗仏教に入って、悟りを求め修行する人のこと、そし…

続きを読むread more

仏教6

大きな楽しみ  仏教には本当に様々な宗派がありますが、また、もしかしてそれぞれの派によっては同じことを違う名で読んでいるかもしれませんが(ここには大筋と絡まないため書きませんでしたが、人生を輝かせるすばらしい言葉や逸話は、諸宗経典の中にザクザク見つかります。現代語訳で読むと、なんともわけのわからなかったお経がこんなに面白いものがだった…

続きを読むread more

キリスト教1

 自動書記というものがあります。この章以降、私の友人がそれをしていることが度々出てきますが、自分の守護霊様とか、高次元の霊などから無意識に、あるいは意識的にメッセージを受け取って、無意識状態、あるいははっきりと覚醒した状態でそれを書き取ることです。本当に勝手に手が動くのだそうです(人によっては非常に低級な霊がいたずらする場合もあるので注…

続きを読むread more

キリスト教2

父と子と聖霊と  いかに大好きとは言え、にわか勉強の私にも、なんとなく本能的にすり寄れる点と、同じく本能的に避けたい点が、キリスト「教」にはあるのです。  もちろん、一緒くたにして一口に語れるものではありません。仏教ほどの数ではないにしてもキリスト教にも、かなりの分裂・分派がありました。正統教会と異端教会、東方教会と西方教会、カトリ…

続きを読むread more

キリスト教3

入り易き門に 私は先ほど日本的なキリスト教になったら世界はもっと平和だ、などと書きましたが、日本で毎日放送されている某キリスト教専門ラジオ番組の中では、少なくとも私が二〇〇七年までに聴いた回に関しては、性的少数者に好意的な言い方をしてくださったことはありませんでした。同性愛も、性同一性障害も、そのように生まれついたのだと聖書が書かれる…

続きを読むread more

キリスト教4

その神秘体験  数々の病人を癒し、死人を蘇らせ、水の上を歩くなど様々な奇跡を起こし、ご自分が死んだ後に復活したというイエス様は、まさに神秘の人ですし、その弟子たちの行状も奇跡のオンパレードです。「新約聖書」はかなりエキサイティングなので、ぜひご一読ください。  キリスト者の中にも、「水の上を歩いたり天から多くの食べ物を降らせたりとい…

続きを読むread more

キリスト教5

神様は外から?  しかし先の聖テレサと言えども、「内なる神に目覚めればあなたも神、私も神、みんな同じです」というようなことは言いません。神様が自分の内にあり、それに気づくことで神様との一致に向かうというよりは、神様が外から来たって(と言っても、どこもここも神様がおわすのですが――「キリスト教は汎神論ではありません。しかし私たちを存在せ…

続きを読むread more

キリスト教6

神様になりたいですが、なにか?  しかしそれで傲慢になるかというと、決してそんなことはありません。神秘を感じる度合いが増せば増すほど、ますます謙虚になる人のほうが多いです。同時に、「自分のような者がこのような不思議を甘受できるのは、この世の常ならぬ幸せである。だからもっと周囲の人に優しくして、この幸せを、形は違えど分けてあげなくては。…

続きを読むread more

キリスト教7

謙遜 「だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう」(マタイによる福音書二三――十二) 「へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。おのおの、自分のことばかりでなく、他人のことも考えなさい。キリスト・イエスにあっていだいているのと同じ思いを、あなたがたの間でも互に生かしなさい。キリスト…

続きを読むread more

キリスト教8

天国のありか  しかしそのように、自分をなくしてキリストで満たした場合というのは、そこを満たしたものが内から湧こうが外から来ようが関係なく思われるでしょう、それはわかる気がします。そんなことを気にする「自分」が、すでにないのですから。あるのは神様の御意志、愛だけです。  キリスト教的に言えば、隣人愛です。 「『自分を愛するようにあ…

続きを読むread more

あとがきにかえて1

かくして、Ⅰ章の精神世界、Ⅱ章の神道、仏教、キリスト教と、ピンポイントのみで観てきましたけれど、「やはり何百年も、もしかしたら何千年も前から同じようなことを言ってきているんだなあ」という考えはそのままです。  精神世界、今はスピリチュアリズムというほうが通りがよいくらい浸透しているものは、厳密には宗教ではないと思います。けれども逆…

続きを読むread more

あとがきにかえて2

 ★このように、「自分」や「自分たち」に固執しない。相手のことを考えつつ、まず動く。 Ⅰ章に強調して書きました「因果律」ということは、のちの信仰の章ではあまり書きませんでしたけれど、この実践をして「相手のことを考えて」動いている時には、善い因果しか回りませんから大丈夫です。「果報は寝て待て」と言いますが、この場合の意味はおそらく、「よ…

続きを読むread more

あとがきにかえて3

 神道には、まさに「中今」ということが言われました。「現在の今を全力で生きる」(○○ページ参照)。古来日本人がやってきたことで、そのために大らかな時代を生きられたのではないかと思うのですが、いつのまにか先々にばかり目を向けるようになり、不安な日々を送るようになってしまいました。今こそ先祖の生き様に立ち戻る必要があるのではないでしょうか。…

続きを読むread more

あとがきにかえて4

 ただし、これもⅠ章に書いたことの復習ですが、「どうしても、絶対に、何があっても叶えたい望みがあって、それが叶わないうちは自分は幸せになんかなれっこない!」と思い詰めている場合があります(性転換前の私のように)。今思えば、もし右記の「幸せの軌道」に乗ってしまえば、「それが叶わなくては幸せになれない」などということはない、とわかるのですが…

続きを読むread more

守護霊様とおしゃべり!1

1.私の「ニャンコ先生」 ここからはフロクです、お気軽にお読みくださいね。もともと本文は、単行本にしようと思って2005年からコツコツ勉強しつつ書き終えたものでした。しかし「虎井まさ衛の書いたもの」ということで読者が限定される恐れがあり、今度ばかりはどうしてもそれは避けたいという思いが募ったため、初めてオンライン公開というものをやって…

続きを読むread more

守護霊様とおしゃべり!2

2.人それぞれに  人のお守りというのは、その人の頑張りに応じて増えたり減ったりするものですが、多くの場合、増減があるのは指導霊(選手)と補助霊(サポーター)で、主護霊様(監督)と司配霊様(マネージャー。司配霊様は、お守りが三人以下の場合には指導霊様が兼ねることが多いようです)はその人の人生のどこかで指導的守りに付くことはほとんどない…

続きを読むread more

守護霊様とおしゃべり!3

3.死してなお(信仰)  しばらくはLさんとの、これ以上ないほどの興味深い書記が続き、「ああこれだけでも私は大満足」と思っていたところ、半年ばかりしたある夜、半分眠っていたときにいきなり口が開いて、私の声ですがやや低い声で、「・・・・には家来がたくさんおりました。その中の一人で○○というものは・・・」と昔語りが始まったのです。それは主…

続きを読むread more

守護霊様とおしゃべり!4

4.死してなお(性格)  イケメンがどうのこうのと書きましたけれど、いまや各御霊は通常は光そのもので、姿かたちはありません。私の夢やヴィジョンにおでましになる時だけ、生前の20代半ばの形で来られるのです。  しかしその性格は、私ばびっくりしたのですけれど、どんなに死後高いところへ行かれようとも、生前のものがそのまま残っているといって…

続きを読むread more