アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「キリスト教」のブログ記事

みんなの「キリスト教」ブログ

タイトル 日 時
キリスト教1
 自動書記というものがあります。この章以降、私の友人がそれをしていることが度々出てきますが、自分の守護霊様とか、高次元の霊などから無意識に、あるいは意識的にメッセージを受け取って、無意識状態、あるいははっきりと覚醒した状態でそれを書き取ることです。本当に勝手に手が動くのだそうです(人によっては非常に低級な霊がいたずらする場合もあるので注意が必要です)。たいていは、メッセージを受け取ると同時に書き出しています。 例えば覚醒した状態でスラスラ書いている人を見ると、それが別の次元から送られてきたもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:38
キリスト教2
父と子と聖霊と  いかに大好きとは言え、にわか勉強の私にも、なんとなく本能的にすり寄れる点と、同じく本能的に避けたい点が、キリスト「教」にはあるのです。  もちろん、一緒くたにして一口に語れるものではありません。仏教ほどの数ではないにしてもキリスト教にも、かなりの分裂・分派がありました。正統教会と異端教会、東方教会と西方教会、カトリックとプロテスタント、法定教会と自由教会、等々。信者ではない人が一番よく聞くのは、カトリックとプロテスタントではないでしょうか。それでもその違いがわかる日本人は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:36
キリスト教3
入り易き門に 私は先ほど日本的なキリスト教になったら世界はもっと平和だ、などと書きましたが、日本で毎日放送されている某キリスト教専門ラジオ番組の中では、少なくとも私が二〇〇七年までに聴いた回に関しては、性的少数者に好意的な言い方をしてくださったことはありませんでした。同性愛も、性同一性障害も、そのように生まれついたのだと聖書が書かれる当時にわかっていて、罪であるような書かれ方をされなかったら、もう少し違っていたのかもわかりませんが――。  そうは言っても、私はやはり日本的なキリスト教に拍手し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:28
キリスト教4
その神秘体験  数々の病人を癒し、死人を蘇らせ、水の上を歩くなど様々な奇跡を起こし、ご自分が死んだ後に復活したというイエス様は、まさに神秘の人ですし、その弟子たちの行状も奇跡のオンパレードです。「新約聖書」はかなりエキサイティングなので、ぜひご一読ください。  キリスト者の中にも、「水の上を歩いたり天から多くの食べ物を降らせたりというのは、何かの比喩であって事実ではない」という立場の人も少なくありません。私は女装や同性愛はよろしくない云々と書かれている箇所は、聖書筆記者の主観によるもので、ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:26
キリスト教5
神様は外から?  しかし先の聖テレサと言えども、「内なる神に目覚めればあなたも神、私も神、みんな同じです」というようなことは言いません。神様が自分の内にあり、それに気づくことで神様との一致に向かうというよりは、神様が外から来たって(と言っても、どこもここも神様がおわすのですが――「キリスト教は汎神論ではありません。しかし私たちを存在せしめ、生かしめているのは神であり、その神の中に私たちは存在しているのですから、キリスト教は汎在(パンエン)神論(ティスム)というのが一番正しい表現であろうと思いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:17
キリスト教6
神様になりたいですが、なにか?  しかしそれで傲慢になるかというと、決してそんなことはありません。神秘を感じる度合いが増せば増すほど、ますます謙虚になる人のほうが多いです。同時に、「自分のような者がこのような不思議を甘受できるのは、この世の常ならぬ幸せである。だからもっと周囲の人に優しくして、この幸せを、形は違えど分けてあげなくては。みんなで幸せを分かち合うのだ」と決心し、周囲に対して、より明るく親切にふるまう人がほとんどなのです。  これが「神様になりたい」態度でしょうか。――ええ、きっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:16
キリスト教7
謙遜 「だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう」(マタイによる福音書二三――十二) 「へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。おのおの、自分のことばかりでなく、他人のことも考えなさい。キリスト・イエスにあっていだいているのと同じ思いを、あなたがたの間でも互に生かしなさい。キリストは、神のかたちであられたが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず、かえって、おのれをむなしうして僕のかたちをとり、人間の姿になられた。その有様は人と異ならず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:13
キリスト教8
天国のありか  しかしそのように、自分をなくしてキリストで満たした場合というのは、そこを満たしたものが内から湧こうが外から来ようが関係なく思われるでしょう、それはわかる気がします。そんなことを気にする「自分」が、すでにないのですから。あるのは神様の御意志、愛だけです。  キリスト教的に言えば、隣人愛です。 「『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。これより大事ないましめは、ほかにない」(マルコによる福音書十二――三十一)  それだからかもしれません。私が他宗教のことをもよく知らない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 14:12

トップへ | みんなの「キリスト教」ブログ

あなたはもう幸せなのに/守護霊様とおしゃべり! キリスト教のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる