あなたはもう幸せなのに/守護霊様とおしゃべり!

アクセスカウンタ

zoom RSS はしがき

<<   作成日時 : 2008/09/03 16:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

   はじめに
 自分が、もうすでに幸せであることに気づいていない人が多すぎるように思えます。
 特にこのところ巷には「幸せになれる本」といったものが溢れていますが、ほとんど同じことを、ちょっとだけ違った言い回しで書いてあるものです。この本の前半も、そして「あとがきにかえて」も、ややそれに近くなるかもしれません(違うとしたら、作者つまり私がいくぶん突飛に思われる人間であるくらいです)。人はそれぞれ違った生き方をしています。しかし幸せになる方法には、それほどヴァリエーションがないのです。
「精神世界」と言われる領域があります。宗教も含むし、心霊、オカルト、ヒーリングなど、霊や魂、未知の世界に関わる広大な領域です。幸せは、すべからくこの領域の「応用」から訪れるものと言ってよいでしょう。物質的な満足では得られないものです。たとえ手に入らない物はない金持ちでも、あと三ヶ月の命と言われたら、それほど幸せではないのではないでしょうか。
 この本では、何はなくとも幸せになれることに気づいていただけたらいいなと思い、まず虎井なりの精神世界のエッセンスを書いてみようと思います。
 何かを信仰していることは幸せへの近道、というわけでは決してないのですが(信仰のしかたによっては、かえって不幸に・・・・・・)、「全てが一つであること=ワンネスoneness」に気づくのは、確かに近道です。そして、ともすればあらゆる戦争、紛争の原因となる対立をもたらす様々な宗教も、各々ワンネスについて、またその他についても同じ教えを説いており、ひょっとすると一つにまとまることができるのではないかとさえ思われます。
 それで後半では、前半でご紹介したエッセンスが、各宗教(日本人になじみ深い神道、仏教、キリスト教を取り上げました)ではどのように説かれているのか、今の私の力の及ぶ限りお示しできればと思います。ほんの少し前まで、あるいは今現在も、ちょっとしたブームのようにみえる精神世界の内容の多くが、実は何千年も昔から説かれ続けてきたことに驚かれる方も少なくないでしょう。宗教というと現代ではとてもウサン臭いものと思われがちですが、結局昨今の「幸せ本」と、それほど変わらない内容を説いているものがほとんどなのです。
 古今東西、幸せになりたいという人々の願いの本質は変わらず、それを得る方法も変わらなかったのですが、「自分には無理だ」と最初からやってみない人や、やり始めてはみたけれど長続きしなかった人が多すぎるために、世の中が幸せな人で溢れることはありませんでした。
 今までは、です。
 これからはわかりません。これをお読みのあなたの、心一つの建て直し方にかかっているかもしれません。
 この先世界に溢れるであろう幸せな人の一人に、なれるかもしれないのです。いえ、なっていただきたくてこの本を書きました。今まで多くの幸せ本を読んで幸せになれなかった人に、「あれらの本が悪いのではなくて、私がせっかちだったのだ」と合点していただくために、書いたと言ってもよいでしょう。どの本もすばらしい内容なのですが、そこに書かれていることを信じて続けなかったために、また今この本を手にされている人もいるのではないか、と思います。そのことに気づいていただければ本望なのです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい
はしがき あなたはもう幸せなのに/守護霊様とおしゃべり!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる